サラリーマン再エネ塾

太陽光投資初心者のお手伝い

改正FIT法で義務づけられた太陽光発電設備の柵・塀とは

サラリーマン再エネ塾 幹男です。

いらっしゃいませ。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村<まずはクリックをお願いします。多くの皆さんの応援に感謝します。

f:id:yh4771p307:20200315181707j:plain

 

改正FIT法による柵・塀の設置義務についてご紹介します。
  • 周辺環境への配慮する目的で義務化せれました。
  • 地絡などの異常が起こった際には感電などの事故の恐れが出てきます。
  • すでに運転中の設備も含めて柵・塀の設置が義務化されました。

      ↑↑後出しじゃんけんです(*^^)v

どのような柵塀が必要?
  • 立ち入れないような高さにすること
  • 三者が容易に取り除けないものにすること
  • 外部から発電設備に触れられない程度の距離に設置すること
  • 出入り口に施錠していること
  • 外部から見えやすい位置に立入禁止を伝える看板を設置する等の対策すること
  • 金属製のフェンスや有刺鉄線など、第三者が容易に取り除けないしっかりとした柵塀が必要とされていること

いつまでに設置する必要があるのか

  • 2018年3月31日までの設置となります。


柵塀が設置されなかった場合は、

  • 事業計画認定が取り消される恐れがあるため注意が必要です。

いやいや2017年4月1日に法を改正して、後出しじゃんけんで義務化されました、みなさんの発電所は問題ないく対応されているとは存じますが、復習の意味も含めてお繋ぎしておきます。デワデワ(^_-)-☆

参考になりましたら応援してください。(最近)アクセス減ってます。

↓↓↓ ↓↓↓↓

太陽光発電ランキング

↑↑↑応援よろしくお願いします。励みになります。 

 

↑↑利回りのいい物件があるかもです。資料請求して勉強しましょう。

多くの皆さんの行動を期待します。

4771p307@gmail.com

↑↑ご質問承ります。遠慮なく連絡ください。